聴雪記

出口直日 著


《←書籍案内》


目次

はしがき

聴雪記

  • 清香
  • 観心
  • 立春の日に
  • 築地
  • 三月の空
  • 画像「千利休」
  • 落花の中に
  • 空間を作る人格
  • 青い蕚の花
  • 人間の弱点
  • 畔のいこい
  • 古典への郷愁
  • 古典への態度
  • うるおいと達者
  • おいしい食事
  • ″雙の岡″の意味
  • 現代演劇の誤り
  • ジャーナリスト
  • 文筆家へ
  • 尾を引く嫌悪
  • 花蔓草
  • ペンを持つ人へ
  • 日本の風景にそえて
  • 言葉
  • 能面
  • 野の花
  • 私の行き方
  • 山にむかいて
  • 信濃路にて
  • 孤高のなげき
  • 真わたかけ
  • 自我の拡大
  • 平和は足許から
  • 婦人と自由
  • 生活経験のちがい
  • 愛情
  • 求めあうもの
  • お筆先寸感
  • 能「猩々」の初舞台をふんで
  • 春の日のようにほのぼのとした方
    (嵯峨保二氏に)
  • 流れ
  • 私のねがい
  • 示されし道をともに進まん
  • 炉辺雑話−機構改革のこころ−
  • 雪におう
  • 山椿の花によせて

後記

第四刷のあとがき

聴雪記

B6判

235頁

定価:1,200円
(本体1,296円+税)

ISBN4-88756-015-X


自然のこと、古典のことあるいは歴史のこと等、おりにふれ感じられた随想約50編を収録。内省しつつみつめられた世界は、読む人に生きる素直な喜びを与え、新鮮で温かい世界が開かれていく。


《←書籍案内》


《TOPページ》