大本教学研鑽所 編


《←書籍案内》


目次

はしがき

本書を読まれるにあたって

序説

1 神と宇宙

  1. 真の神
  2. 霊力体は大元霊
  3. 大本三大学則
  4. 神名と顕現
  5. 真神の神格

2 人生の本分

  1. 生かされている自覚
  2. 大本教旨
  3. 人は神の子、神の宮
  4. 一霊四魂
  5. 運命の開拓

3 霊界の実在

  1. 霊魂の不滅
  2. 霊的事実談
  3. 科学的研究
  4. 霊界の組織
  5. 霊界の情態

4 四大綱領

  1. 祭 − 惟神の大道
  2. 祈り(幽祭)
  3. 教 − 天授の真理
  4. 慣 − 天人道の常
  5. 造 − 適宜の事務

5 四大主義

  1. 清潔主義 − 心身修祓の大道
  2. 楽天主義 − 天地惟神の大道
  3. 進展主義 − 社会改善の大道
  4. 統一主義 − 上下一致の大道

6 宗教と文化

  1. 政治・経済
  2. 科学
  3. 芸術
  4. 医術と健康道

7 神の経綸

  1. 立替え立直し
  2. みろくの世
  3. 型の大本

8 聖言

  1. “大本神諭”より
  2. 『道のしおり』その他
  3. “土の恩”
  4. 『寸葉集』より
  5. 『信仰覚書』より

9 大本信仰に生きる人々

  1. 信仰体験
  2. 特異の存在
  3. 外部から見た大本

あとがき

索引

大本のおしえ

四六判

本文350頁
索引6頁

定価:1,512円
(本体1,400円+税)

ISBN4-88756-018-4


初心者にもわかりやすく説かれた大本教義の入門書。真剣な求道者を対象にもっとも重要とおもわれるところが講述されている。真の信仰を求める人達はまずこの書によって、大本教義の概要を知り、さらに研鑽を深めていくことになろう。


《←書籍案内》


《TOPページ》