ぼっかぶりのうた

出口すみこ 著

●全国の書店にてお求めいただけます
(取次会社:トーハン・日販)


《←書籍案内》

目次

まえがき

第1章
 思い出の記「過ぎしひとやの窓の月かげ」

  • 監房へ
  • 一ぱいの水
  • 青い囚人服
  • 一本の桐の木と蝉
  • 風の中の雀
  • ぼっかぶりの夫婦
  • オツルさん
  • 孫の絵便り
  • ひとやのすまひ
  • まつりだいこ
  • 子への便り・獄中からの書簡

第2章
 短歌「たてよこの機のしぐみ」

  • 夫の身の上
  • ウンは離れず
  • とらわれ人
  • 宵の明星
  • ぼっかぶり
  • あとを見返す夢
  • 錦織るなり
  • わが行く道

「一服おこしやす」獄中の二代教主

大本事件について

あとがき

ぼっかぶりのうた

B5判変形

88頁

定価:1338円
(本体1,239円+税)

ISBN4-88756-054-0


わが国の史上に残る宗教弾圧のなか、獄舎にあって天真爛漫、関係者を驚嘆させた六年余のご生活。すずめの親子やぼっかぶりの夫婦との交わりなど、心暖まるエピソードで思わず涙する感動のメッセージ。


《←書籍案内》


《書籍のお申し込み》  《TOPページ》