天声社 /  霊界物語(出口王仁三郎著)・大本御神書・関連書籍の出版販売 大本人類愛善会愛善みずほ会
ホーム
書籍案内商品案内売店案内天声社史 買い物カゴの中を見る

天声社ホーム > 書籍案内 > 大本教祖伝 出口なお・出口王仁三郎の生涯
大本教祖伝 出口なお・出口王仁三郎の生涯

伊藤栄蔵 著


目次

はしがき

第1章 開祖の半生

  • 帰神
  • なおの誕生
  • なおの出口家入り
  • 貧苦の連続
  • 夫・政五郎の死
  • 大本の開教
  • お筆先
  • 転々とする神

第2章 丹波から日本へ

  • 少年 喜三郎
  • 高熊山の修行
  • 開祖との出会い
  • 再会
  • 経糸・緯糸
  • 不協和音
  • 胎動のなかの開祖昇天

第3章 丹波から世界へ

  • 白熱化する宣教活動
  • 第一次大本事件
  • 霊界物語による出発
  • 王仁三郎の蒙古(モンゴル)入り
  • 王仁三郎の超人的活躍
  • 大躍進

第4章 大弾圧と聖師の昇天

  • 昭和10年12月8日
  • 裁判
  • 保釈
  • 終戦-事件解決-聖師昇天

第5章 現代に生きる大本

  • 耀わん顕現
  • 世界に羽ばたく大本
  • みろくの世
あとがき

年表

文庫本刊行にあたって

大本教祖伝
出口なお
出口王仁三郎の生涯

文庫判

304頁

定価:699円
(本体648円+税)

ISBN9784-88756-076-5


至厳至直の開祖 至仁至愛の聖師

偏狭な「国家主義」に突き進む戦争前夜、日本史上類のない大弾圧を受けた教団「大本」。多くの新宗教を生んだ丹波の一教団が与えつづける思想的影響は小さくない。
誤解と白眼視に耐え、終生「世の立替え立直し」を叫び続けた大本二大教祖の壮絶な生涯。あてどもなくさまよう現代。人類万類愛、万教同根、宗教帰一の理想がいま、新鮮なひびきとなって迫ってくる・・・

著者渾身の力作“文庫本”で発売


《←書籍案内》